【 いなかまちにおんがくがなりひびく その35 】寺尾紗穂ワンマンライブ

ずっとお呼びしたかった方を、遂にお呼び出来る運びとなりました。

寺尾紗穂さん、初めて知ったのは「はねたハネタ」という曲でした。
言葉に詰まるような衝撃でした。

そして2年前にリリースされた「楕円の夢」を聴いて、
どうしてもこの人を呼んでライブしてもらいたいと思うようになりました。

豊かに優しく包み込む様な歌声と、静かに世の中の深層をえぐる歌詞の世界観。
ゆっくりと耳を澄まして堪能して頂きたい、至高のシンガーソングライターです。
アルバム発売の直前という事で、新曲もたくさん聴けるのでしょうか?

初めて名前を聴いたという方、特に、
金延幸子、大貫妙子、浜田真理子、青葉市子、テニスコーツ、
タテタカコ、小谷美紗子、手嶌葵などを聴く方にも是非オススメしたいです。

 

 

inahibiteraosahoomote

 

2017年6月17日(土)

「いなかまちにおんがくがなりひびく その35」
~ 寺尾紗穂ワンマンショー ~

埼玉・久喜 カフェクウワ
【出演】

寺尾紗穂

【開場/開演】 18:00 / 19:00

【料金】前売り予約3500/当日3800(ドリンク代別)

【フライヤー】
Aki Kuga

【ご予約】
info@cafecouwa.comまでお名前、人数、ご連絡先をお送り下さい。
もしくは、カフェクウワ0480-31-9976までご連絡下さい。

【プロフィール】

寺尾紗穂 ( てらお・さほ )

1981年生まれ。東京都出身。父は元シュガーベイブの寺尾次郎。
大学時代にThousands Birdies’Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、
弾き語りの活動を始める。

2007年ピアノ弾き語りによるアルバム『御身 onmi』が各方面で話題となり、
坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。
2015年には7作目となる、自信のキャリア最高傑作としてロングセラーを記録している
アルバム『楕円の夢』をリリース。

2016年には「WEB本の雑誌」で連載した「私の好きなわらべうた」の中で
とりあげた、日本各地で歌い継がれてきた“わらべうた”をリアレンジしたアルバム、
『わたしのすきなわらべうた』をリリース。

2017年6月21日には、待望のニューアルバム『たよりないもののために』、
そして、寺尾紗穂自らが、伊賀航(B)と、あだち麗三郎(Dr)という
気心の知れたアーティストと共に結成した新バンド【冬にわかれて】の、
7inchアナログ『耳をすまして』を同時リリースする。
これまでコラボレーションした主なアーティストに、
星野源、伊藤大地、浜野謙太(以上SAKEROCK)、七尾旅人、キセル、
鴨田潤(イルリメ)、青葉市子、植野隆司( テニスコーツ)、柴田聡子、
マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)、松井一平(TEASI)
Kenmochi Hidefumi(水曜日のカンパネラ)、蓮沼執太、高田漣、など。

大林宣彦監督作品『転校生 さようならあなた』や、安藤桃子監督作品『0.5ミリ』など、
数々の映画、CMにナレーションや楽曲を提供。

また、ノンフィクションやエッセイなど執筆の分野でも活躍中。
著書に、全国の原発労働者を取材した『原発労働者』 ( 講談社現代新書 ) など。

cafe couwa / カフェクウワ
埼玉県久喜市菖蒲町新堀483
Tel : 0480-31-9976
cafecouwa.com

 

ちなみに、細野春臣トリビュートアルバムにSAKEROCKとの競演で参加してます。
忌野清志朗、細野晴臣、坂本冬美のユニット「HIS」のカバー。
ここで競演が行われ、寺尾さんのアルバムにもsakerockメンバーが参加することに。

サケロックオールスターズ+寺尾沙穂-「日本の人」

 

 

寺尾紗穂さんのお父さんって、山下達郎や大貫妙子が在籍した伝説のバンド「シュガーベイブ」のベーシスト寺尾次郎さんだって知ってました?