2017年1月14日(土) いなかまちにおんがくがなりひびく その32開催します。

 

inahibi-32-2

 

2017年1月14日(土)

いなかまちにおんがくがなりひびく その32
「クウワの新春もちつき歌謡ショー」
埼玉・久喜 カフェクウワ

【出演】
伴瀬朝彦
王舟
大野悠紀

出店:スナックまりこ

【開場/開演】open 18:00/start 18:30

【料金】前売り予約2300/当日2500(ドリンク代別)※振舞い餅あり

【フライヤーイラスト】
おおのななえ

【ご予約】
info@cafecouwa.comまでお名前、人数、ご連絡先をお送り下さい。
もしくは、カフェクウワ0480-31-9976までご連絡下さい。

 

このイベントは新年を迎えることができた喜びを、餅をついて、また、ついた餅を食べながら演奏歌唱を鑑賞し祝いましょう!という趣旨のもと、入場の際、お客さんにも強制的に餅をひとツキして頂きますので、予約の際は、ひとツキする事を承諾したこととみなしますので、よろしくお願いします。

スナックまりこが餅に最適化された『どて』を持ち込みますので、『どてもち』にして、是非1食お願いします。

新年早々、漢3人弾き語りと言う、アツ苦しく渋めな企画ですが、間違いなくアツく胸を焦がすライブになると思いますので期待して下さい!また、出演者もお客さんも、みんなで臼と杵を使ったライブ餅で福を呼び込み、2017年を素晴らしいものにしましょう!新年のスタートはクウワから!

そもそも大野くんが伴瀬さんとやりたいって言ってたのを実現したのだけど、そこに王舟が入って、なんかすごい面白くなりそうな予感がビシビシくる、とても良い組み合わせだと思います。一緒にやったりもするのかな〜〜。

 

伴瀬朝彦 (ばんせともひこ)

幼少期クラシックピアノを習得するも、ブルース、ロックンロール、
歌謡曲に洗礼を受け、独自の切り込みで作詞作曲を手掛ける。
自身の曲をアナホールクラブバンド、チェンバーアナホールトリニティ名義で発表。
現在、伴瀬朝彦名義の他、ホライズン山下宅配便、片想いのメンバーでもあり、
多数のミュージシャンのサポートも行っている。

2014年4月にひとり多重録音による「カリハラ」をリリース。
2016は、プロデュースで関わる『上野茂都の別天地』、
伴瀬氏がプロデュースし、松倉如子がボーカルを務める新ユニット『ココア山』や、
高橋保行(渋さ知らズSOIL&”PIMP”BIG BAND)と、伴瀬氏の双頭リーダーバンド、
『cooking songs』などなど、活発な活動が目立っていた。

 
王舟(おうしゅう)

上海出身、日本育ちのミュージシャン。
2014年7月、デビューアルバム「Wang」をfelicityからリリース。
11月、7インチシングル「Ward / 虹(電気グルーヴのカヴァー)」をリリース。
2015年11月、12インチ重量盤シングル「ディスコブラジル」をリリース。
「ディスコブラジル」のミュージックビデオは、UKのアーティスト、
KINDNESSことアダム・ベインブリッジが監督。
2016年1月、一人宅録で制作した2ndアルバム「PICTURE」をリリース。
アルバムの世界観を表現するため、12人編成でのレコ発ライブを開催。
2016年9月、MOCKYによるリミックスが収録された7インチシングル
「Moebius」をリリース。
バンド編成やソロでのライブ活動のほか、CMへの楽曲提供、
プロデュースなどもおこなっている。

 

 
大野悠紀(おおのゆうき)

2009年ごろからoono yuuki名義で、にせんねんもんだいが主宰する
”美人レコード”より宅録諸作品をリリース。
2010年4月に、kitiよりリリースした初のCDアルバム作品『stars in video game』の
レコーディングを機に、徐々にバンド体制での活動を本格化。
数回のメンバーチェンジを経てトータル9名の大所帯バンドとして活動し、
2012年にはアルバム『TEMPESTAS』をリリース。
その後、紆余曲折あり、2015年、3年ぶりにソロアルバム『夜と火』をリリース。
現在は本名の大野悠紀でソロ活動をメインに行う。

 

 

おまけで、おおのくんの【なぎら感】がすごい動画です。

これ、いいハーモニーっすねぇ…。