【9月11日・マーケットイベント【富煦-和市】(ふくうわいち)出展者紹介②】

【9月11日・マーケットイベント【富煦-和市】(ふくうわいち)出展者紹介②】

『みやしたゆみ』 (イラスト、紙モノ雑貨)

miyasita1 miyasita2 miyasita3

埼玉県在住。セツ・モードセミナー卒業後、
デザイン事務所を経てフリーのイラストレーターとなる。
現在、女性誌を中心に書籍、webと多方面にわたって活動中。
やわらかな線とやさしい色合いのイラストレーションが持ち味。
共著の絵本に「ハートのてっぺん」がある。

2011年より、プライベートレーベルyohaku booksにて
手作りのリトルプレス『yohaku to hibi to』を
制作、発行している。
他に紙モノ雑貨(ポストカード・一筆せん
小さなカード・活版印刷カード・ポスターなど)の販売も。

みやしたさんの絵、特に「線」が印象的です。

額に入れて、飾っておきたくなる作品です。
http://koringo-m.cocolog-nifty.com/

 
『手づくりや』 (天然酵母パン)

tedu

店主 山本さんが、天然酵母ぱんの不思議な魅力に取り付かれ、
日本人に馴染みの深い玄米と味噌から酵母を起こし、
その酵母で丁寧に作るパンは正に『日本人による、日本人の為のパン』
もっちりと、どっしりと、ごはんの代わりになるパン。

しかも、玄米は田んぼを借りて、手植え手刈りの天日干しでつくっていて、
お味噌もそのお米から麹をつくり毎年仕込んでいます。
手をかけてできた玄米とお味噌のパワーを借りて、ゆっくり・・ゆっくり・・
発酵させたパンは本当に美味しいのです!

手づくりやさんのパンは、朝は小さい頃からごはん食だった私を、
初めて朝食に食べたいパンだと思わせてくれたのです。

http://mgmtedukuriya.jimdo.com/

 
『小春あや』(イラスト、紙モノ雑貨)

koharu2 koharuaya

埼玉出身、在住。
2004年 Seattle Central Community College
(アメリカ/シアトル)グラフィックデザイン科卒業。
パレットクラブスクール9期・11期修了。
ペーターズギャラリー〈ペチカ〉イラストレーションスクール3期生。

これまでに書籍・文芸誌・雑誌挿絵などを主にイラスト、挿絵を発表。
イラストレーションは水彩・カラーインク等を使った全行程手描き。

小春さんの絵、特に野菜、果物、料理、動物などを
モチーフに描いたものはとても素敵で、
色彩は鮮やか、暖かくてどこかホッとする雰囲気。
人柄がにじみ出ているイラストです。

http://www.coharuaya.com/

 
『江連判子.』(手作り判子)

13606585_648150702000368_6149075180520850441_n 13510822_645249292290509_2306375498692011484_n

江連判子店 EZUREHANKOTEN/江連真希 Maki Ezure

茨城県出身。判子職人。
手しごとユニット・チクチクホルン ホルン(彫る)担当。
主に消しゴムで判子製作をする。
オリジナルからオーダー判子まで。
日々判子の世界を模索中。
作品制作のほかに、ワークショップや実演なども行う。

楽しみながら製作しているのが伝わってくる判子たち。
モチーフも可愛くて、子供から大人までみんなが欲しくなる判子。
古河周辺で楽しい事を色々を考えたり、楽しい事の裏で暗躍している様子(笑)!

現在は9/30まで、栃木のcafe Bazzarさん店内で展示中!

http://greens.st.wakwak.ne.jp/905758/index.html

 
『MUKUMUKU』 (レトロ、ファンシー雑貨)

muku ca2hcdcwcaaglnc

さいたま市南区、レトロ雑貨と、作家さんの新しい作品の融合SHOP。
とにかく、ストレートに可愛いものから、一ひねり効いた可愛いもの、
ヤバいもの、ヘンてこなもの、なんじゃこりゃ!ってものも
たくさんあるけれど、店主の審美眼の根底にある「かわいい」の
レベルがかなりドープな(深い)ので、そこにあるもの全てが輝いている(ように見える)。
シーズー犬が本当の店長で、人間の方はスタッフらしいです。
http://mukumuku-urawa.tumblr.com/

 
『mokumoku』(真鍮アクセサリー)

moku moku2

デザイナー望月若子さんが、真鍮を使った
アクセサリーや小物を作っています。
主に個展やイベントへの出展を中心に活動中。

モチーフは、見た景色やそのときの記憶を辿って、1枚の真鍮板を糸鋸で切り取り、
形にしていて、同じ形・同じ大きさは1つもありません。

ブローチやピアスなど、いつも着ているお洋服に
ちょこんと身につけられるアクセサリーたちはとてもかわいい!
シンプルなお洋服が好きな方も、
アクセサリーの力でいつもの装いが、すこし明るくなって、
気分まで前向きになるような、どこかへ出かけたくなるような、
ちょっと特別なアクセサリーになりますよ。

ぜひ、あなただけのアクセサリーをみつけにきてください。

http://mokumokuwakako.tumblr.com/

 
『CTC』

『conerhythm』 (ブローチ)と『 cheechiki』(ブローチ)のユニット。

cqywfm0vuaamn-r

コネリズムさんは、石粉粘土にアクリル絵の具で着色。
にているようでひとつひとつちがう、どれも1点モノの手作り作品。
ゆるくてかわいい脱力系モチーフたちに癒される女子多数。
本人曰く「あまり絵がうまくないので…」とのことですが、
他にはなかなか出せない絶妙なユルさは完全にオリジナリティ!

作家自身も音楽好きであり、
ザ・なつやすみバンドのナカガワリサさん他、
ミュージシャンの間でもその作品の愛用者がおり、
音楽愛から、ミュージシャンモチーフの作品も製作したりする。

13694473_643520262475201_1984550939_n 13414265_1072813986117443_1920356151_n

チーチキさんは、プラ板のアクセサリーを製作。
モチーフの質感の追求、色彩の表現が特に素晴らしくて、
プラ板なのに、奥行きを感じる色付けの技術、
作品における淡い色の発色、微妙な色加減、グラデーションは、
プラ板作家数多くいますが、他には中々無い魅力です。

絵本の世界のような、カラフルで身につけて楽しくなれる
作品たちに、思わず男子でさえ「か、かわいい…」と漏らしてしまうでしょう。

https://twitter.com/conerhythm
https://minne.com/cheechiki