カテゴリー別アーカイブ: イベント

【9月11日・マーケットイベント【富煦-和市】(ふくうわいち)出展者紹介②】

【9月11日・マーケットイベント【富煦-和市】(ふくうわいち)出展者紹介②】

『みやしたゆみ』 (イラスト、紙モノ雑貨)

miyasita1 miyasita2 miyasita3

埼玉県在住。セツ・モードセミナー卒業後、
デザイン事務所を経てフリーのイラストレーターとなる。
現在、女性誌を中心に書籍、webと多方面にわたって活動中。
やわらかな線とやさしい色合いのイラストレーションが持ち味。
共著の絵本に「ハートのてっぺん」がある。

2011年より、プライベートレーベルyohaku booksにて
手作りのリトルプレス『yohaku to hibi to』を
制作、発行している。
他に紙モノ雑貨(ポストカード・一筆せん
小さなカード・活版印刷カード・ポスターなど)の販売も。

みやしたさんの絵、特に「線」が印象的です。

額に入れて、飾っておきたくなる作品です。
http://koringo-m.cocolog-nifty.com/

 
『手づくりや』 (天然酵母パン)

tedu

店主 山本さんが、天然酵母ぱんの不思議な魅力に取り付かれ、
日本人に馴染みの深い玄米と味噌から酵母を起こし、
その酵母で丁寧に作るパンは正に『日本人による、日本人の為のパン』
もっちりと、どっしりと、ごはんの代わりになるパン。

しかも、玄米は田んぼを借りて、手植え手刈りの天日干しでつくっていて、
お味噌もそのお米から麹をつくり毎年仕込んでいます。
手をかけてできた玄米とお味噌のパワーを借りて、ゆっくり・・ゆっくり・・
発酵させたパンは本当に美味しいのです!

手づくりやさんのパンは、朝は小さい頃からごはん食だった私を、
初めて朝食に食べたいパンだと思わせてくれたのです。

http://mgmtedukuriya.jimdo.com/

 
『小春あや』(イラスト、紙モノ雑貨)

koharu2 koharuaya

埼玉出身、在住。
2004年 Seattle Central Community College
(アメリカ/シアトル)グラフィックデザイン科卒業。
パレットクラブスクール9期・11期修了。
ペーターズギャラリー〈ペチカ〉イラストレーションスクール3期生。

これまでに書籍・文芸誌・雑誌挿絵などを主にイラスト、挿絵を発表。
イラストレーションは水彩・カラーインク等を使った全行程手描き。

小春さんの絵、特に野菜、果物、料理、動物などを
モチーフに描いたものはとても素敵で、
色彩は鮮やか、暖かくてどこかホッとする雰囲気。
人柄がにじみ出ているイラストです。

http://www.coharuaya.com/

 
『江連判子.』(手作り判子)

13606585_648150702000368_6149075180520850441_n 13510822_645249292290509_2306375498692011484_n

江連判子店 EZUREHANKOTEN/江連真希 Maki Ezure

茨城県出身。判子職人。
手しごとユニット・チクチクホルン ホルン(彫る)担当。
主に消しゴムで判子製作をする。
オリジナルからオーダー判子まで。
日々判子の世界を模索中。
作品制作のほかに、ワークショップや実演なども行う。

楽しみながら製作しているのが伝わってくる判子たち。
モチーフも可愛くて、子供から大人までみんなが欲しくなる判子。
古河周辺で楽しい事を色々を考えたり、楽しい事の裏で暗躍している様子(笑)!

現在は9/30まで、栃木のcafe Bazzarさん店内で展示中!

http://greens.st.wakwak.ne.jp/905758/index.html

 
『MUKUMUKU』 (レトロ、ファンシー雑貨)

muku ca2hcdcwcaaglnc

さいたま市南区、レトロ雑貨と、作家さんの新しい作品の融合SHOP。
とにかく、ストレートに可愛いものから、一ひねり効いた可愛いもの、
ヤバいもの、ヘンてこなもの、なんじゃこりゃ!ってものも
たくさんあるけれど、店主の審美眼の根底にある「かわいい」の
レベルがかなりドープな(深い)ので、そこにあるもの全てが輝いている(ように見える)。
シーズー犬が本当の店長で、人間の方はスタッフらしいです。
http://mukumuku-urawa.tumblr.com/

 
『mokumoku』(真鍮アクセサリー)

moku moku2

デザイナー望月若子さんが、真鍮を使った
アクセサリーや小物を作っています。
主に個展やイベントへの出展を中心に活動中。

モチーフは、見た景色やそのときの記憶を辿って、1枚の真鍮板を糸鋸で切り取り、
形にしていて、同じ形・同じ大きさは1つもありません。

ブローチやピアスなど、いつも着ているお洋服に
ちょこんと身につけられるアクセサリーたちはとてもかわいい!
シンプルなお洋服が好きな方も、
アクセサリーの力でいつもの装いが、すこし明るくなって、
気分まで前向きになるような、どこかへ出かけたくなるような、
ちょっと特別なアクセサリーになりますよ。

ぜひ、あなただけのアクセサリーをみつけにきてください。

http://mokumokuwakako.tumblr.com/

 
『CTC』

『conerhythm』 (ブローチ)と『 cheechiki』(ブローチ)のユニット。

cqywfm0vuaamn-r

コネリズムさんは、石粉粘土にアクリル絵の具で着色。
にているようでひとつひとつちがう、どれも1点モノの手作り作品。
ゆるくてかわいい脱力系モチーフたちに癒される女子多数。
本人曰く「あまり絵がうまくないので…」とのことですが、
他にはなかなか出せない絶妙なユルさは完全にオリジナリティ!

作家自身も音楽好きであり、
ザ・なつやすみバンドのナカガワリサさん他、
ミュージシャンの間でもその作品の愛用者がおり、
音楽愛から、ミュージシャンモチーフの作品も製作したりする。

13694473_643520262475201_1984550939_n 13414265_1072813986117443_1920356151_n

チーチキさんは、プラ板のアクセサリーを製作。
モチーフの質感の追求、色彩の表現が特に素晴らしくて、
プラ板なのに、奥行きを感じる色付けの技術、
作品における淡い色の発色、微妙な色加減、グラデーションは、
プラ板作家数多くいますが、他には中々無い魅力です。

絵本の世界のような、カラフルで身につけて楽しくなれる
作品たちに、思わず男子でさえ「か、かわいい…」と漏らしてしまうでしょう。

https://twitter.com/conerhythm
https://minne.com/cheechiki

2016年9月11日(日) 8周年記念イベント開催します!

couwa-omote couwa-ura

丸8年にかこつけて、イベントを企画しました。
単純に好きな人をお招きしてワイワイとやらせて頂きます!
久しぶりに【富煦-和市】と【いなひび】の同時開催となりました。
皆様、是非お誘い合わせていらして下さいませ。

チラシは玉川桜さん!!

tamasaku.info

 

【追加情報】

ライブ中の選曲担当に 『 foliday 』 が参加してくれます!!

 

==================================================

2016年9月11日(日)

cafe couwa 8th Anniversary!!

マーケットイベント【富煦-和市】(ふくうわいち)
11:00~14:30

ちえちひろ (イラスト)
あおむろひろゆき (イラスト)
oyasmur (ブローチ等)
よねやムーヌス (お手紙)
かざまりさ (イラスト)
みやしたゆみ (紙モノ雑貨)
手づくりや (天然酵母パン)
小春あや(イラスト)× 江連判子(手作り判子)
MUKUMUKU x mokumoku (ファンシー雑貨、真鍮アクセサリー)
CTC (conerhythm x cheechiki(ブローチ))
玉川桜 (イラスト)
森英梨子 (刺繍小物)
カフェクウワ(飲み物、焼き菓子、軽食など)

※クウワ店内でのマーケットイベントです。

通常の営業ではないので、お席はございません。

※当日、作家様不在で、作品のみの出店者様もいらっしゃいますので、何卒ご了承下さい。

================================================
ライブイベント【いなかまちにおんがくがなりひびく その31】

出演者:
・butaji
+樺山太地 (Gu from Taiko Super Kicks)

・山田真未
+谷口圭祐(Ba from Tiala)

・フジワラサトシ

・折坂悠太

DJ:foliday

open 17:30 / start 18:00
ticket ¥2000 +1D別

【予約】
info@cafecouwa.com
0480-31-9976

ライブ入場は2000円のチャージ代がかかります。(ドリンク代別)
ご予約は info@cafecouwa.com まで、
件名 【9月11日ライブ予約】 とし人数、名前、ご連絡先を
明記の上、お送り下さい。

cafe couwa / カフェ・クウワ
〒346-0105
埼玉県久喜市菖蒲町新堀483
http://cafecouwa.com/

================================================

 

【 いなひび その31 出演者紹介 】

YS9AoGfp

・butaji
+樺山太地 (Gu from Taiko Super Kicks)

シンガーソングライター藤原幹によるソロユニット。七尾旅人にも認められたその才能は、シティポップ的ベースを持ちながらも、曲ごとに一つの映画を観てるかのような景色を感じさせる、幅広い表現力、表現手法の次世代の宅録系アーティストといえる(もはや宅録系って死語か…)。一人で完結させているという事実からは信じがたいほど、あまりに一曲一曲が高いクオリティを誇っている。作曲の能力もさることながら、本当に彼の魅力は独特の歌声にあり。そして音源と裏腹にライブは熱い。最も影響を受けたのは辛島美登里だと語る、孤高のアウトサイダー。2015年、初となる全国流通アルバム『アウトサイド』をリリース。

 

maxresdefault

・山田真未
+谷口圭祐(Ba from Tiala)

通称「やまみ」。初めてその歌声を聴いた時は本当に衝撃的だった。時に母性で包み込み、時に格闘家の様な鋭いエッジで放射する、中性的で懐の広い歌声が持ち味。千葉県出身のシンガーソングライター。江戸川区在住。
幼少から地元の合唱団で歌をはじめ、民謡、わらべうた、ミュージカル、宗教音楽、ゴスペルなどを歌う。2006年に高校同級生らと3ピースバンドafter the greenroomを結成、作詞作曲.gt.voを担当。バンド活動と並行して弾き語り活動を開始。2016年8月、ファーストアルバム”まばたき”を発売。
歌に関しては幼少期から培ってきた土台が骨太にありつつも、成長した大人の細やかな表現力、エモーショナルな響きに胸打たれる。一度聴いたら確実に心に刺さり痕を残すであろう歌声。

 

avatars-000216346069-s7dc4x-t500x500
折坂悠太

音楽の移り変わり、進化、歴史、時代の音、流れを紐解いて行く事はなんとも愉快で、また不可解な事だ。『はっぴぃえんど』から連なる系譜の子供達で、ロックバンドになったのが、今で言えばNever Young Beachだとすれば、カントリーシンガーソングライターになったのが折坂悠太であろうか。オールドロック、フォーク、USカントリーの香りを醸し出しながら、かと言って、何者にも似ていない音楽。日本人であるアイデンティティを誇りとして胸に抱き続け、それを歌にしている稀有な存在。それはまさしく「はっぴぃえんど」や「はちみつぱい」の志でもあるが、この現代に同じ様に、しかも自然にそんな音を鳴らし、歌を響かせる漢がここに居たのである。まるで彼の佇まいは侍の様な風格さえ漂う。その芯の強さには、我々が忘れかけている日本人らしさの様なものの片鱗を見つけたり。とにかくディスイズ・オリジナルジャパニーズシンガーソングライター!と声を大にして伝えたくなる、日本語の「うた」、日本の人の音楽。この独創性を是非体感して下さい。

 

U31EYXxr

フジワラサトシ
+井上由喜子(Pf)、 戸井安代(Cl)、池上加奈恵(Ba)

誤解を恐れずに言うなら、彼の音楽を聴いた人が最初に思う事は「つかみどころが無い」ということ。
彼は奏でる。時に、厳かに執り行われる祈りの儀式の様に。時に、夕方のチャイムが鳴り、公園からみんな居なくなった後の孤独と寂しさをかみ締めるように。時に、物質としての存在を捨てた、ふわふわと漂う雲のように。
フジワラサトシの音楽は、その瞬間、瞬間、丁寧に紡がれた音が、儚い刹那の時を過ごしているようだ。
永遠に終わりの来ないモラトリアムの中に居続ける、無限に思われる時間の蓄積、その中に折り重なる感覚や思いみたいなものを表現しようとでもしてるのか。

言葉で表せない思いの塊の様なものを天に捧げているのか。
王舟、oonoyuuki、mmmなど実力派のシンガーソングライター達と切磋琢磨し、同じ時代を共に過ごしてきた彼の辿り着こうとしている場所とは、他の誰も届かない、彼にしか見えない場所なのかもしれない。

『子供の頃、夜更かしをして夜中の2時くらいに歯を磨いていたんですよ。その時、窓から向かいの団地に1つだけぽつんと明かりが付いているのが見えたんですね。それを見て、あの人はまだ起きてるんだ、と思ってちょっと安心して寝たんですよ。そういう感じがずっとあって。』(CDjournal)

この言葉が酷く印象に残っている。

 

 




7月9日(土)は、18時頃から『スナックまり子の日』!!!

hosomari1 ClxhyqCVYAA4uXS

この日フード類は、
どて煮でおなじみのホソマリさんによるお惣菜など、
お酒やおつまみが充実の夜カフェ営業です。

彼女は阿佐ヶ谷『ユープケッチャ』や、イベントでも料理の腕を振るっています。

今のところのメニューは

インゲンと男爵の甘酒ポテサラ 300円
焼き(もしくは蒸し)トウモロコシバター 300円(輪切り2切れ)
炙りカラスミと葱串 500円(2本)
豚肉と揚げ茄子の南蛮漬け 500円

の予定です。
(三重県の農家さんに美味しいトウモロコシ送って貰う予定です。)

日本酒やワインなどもご用意する予定です!
お楽しみに!

6月5日(日)は、ランチお休みです。イベント営業のみとなります。

【営業時間変更のお知らせ】
6月5日(日)は、ランチお休みで、ライブイベント営業のみとさせて頂きますので、何卒ご了承下さいませ。ご予約の方のみ入場できます。当日券の有無については、またお知らせしますので、ツイッター、facebook等でご確認ください。よろしくお願いします!

IMG_0170-e1462976383186

6月5日(日)
王舟&マッティア・コレッティ ジャパンツアー 埼玉公演
会場 埼玉 cafe couwa
開場 16:30 / 開演17:00
前売2,500 / 当日3,000 (1D別)
出演
LIVE 王舟 / マッティア・コレッティ(イタリア) / may.e / annie the clumsy
チケット予約 https://ssl.form-mailer.jp/fms/40652f3f435751

5月のお休みと、ゴールデンウィーク中の営業について。

5月のお休みと、ゴールデンウィーク中の営業について。

GW中も通常通りの定休を頂きますので、
3日火曜がお休みです。

またGW中、4月30日、5月7日は誠に勝手ながら、
土曜の深夜営業をお休みさせて頂きます。
11時~19時の営業とさせて頂きます。
5月29日(日)は、久喜菖蒲公園にて
『縁側日和』というイベントに出店致します。
その為、前日5月28日(土)は、17時までの営業、
29日(日)当日は店舗は休業させて頂きます。
お間違えなきよう、何卒、ご確認の程よろしくお願いします。
【5月のお休み】

5月3日(火)
10日(火)
16日(月)
17日(火)
24日(火)
29日(日)※イベント『縁側日和』に出店。
31日(火)

 

img246

4月9日(土)イベント『どて煮とナゴヤミュージックを召す会』

【イベント開催に伴う、営業時間変更日】

● 4月9日(土)は、ライブイベント開催準備の為、 14時半ラストオーダー、15時クローズとさせて頂きます。

 

9wKMoJmI

『どて煮とナゴヤミュージックを召す会』

2016年4月9日(土)
埼玉・久喜カフェクウワ

【出演】
ミラーボールズ
紙コップス
HoSoVoSo
いとまとあやこ

【フード】
スナックまり子(どて煮)
and many DOTE MESHI…

【展示】
Ruby frog(ジュエリー)
Lielue(布雑貨)

【フライヤー製作】
てんしんくん(ジョセフ・アルフ・ポルカ)

open 18:00 / start 18:30
charge ¥2000 +1ドリンク

【予約】
couwa@chorus.ocn.ne.jp
0480-31-9976

※お名前、人数、ご連絡先をお知らせ下さい。

出演者紹介 【ミラーボールズ】

深夜2時の闇夜を彷徨う、不可思議な情景を生み出すアコースティックロックデュオ。
ぬるいようでいてひんやりとした温度の世界観に浸れば異次元へとトリップできます。
たまに毒っぽくも可愛らしいギターボーカル恵子さんの歌声と、微動だにしない表情でおもむろにハイジャンプを繰り出すギター森さん、抜き足差し足忍び足でゆるりとぶつかるお2人の動きにも注目。
ここ最近ではライブ活動自体が珍しく、次はいつ埼玉にいらっしゃるかわかりません。必見です!

余談。
昨年12月に名古屋でミラーボールズの久々のライブがあり、当時行けなかった悔しさの余り「近所のカフェにミラーボールズが来たら何が何でも行く、誰か企画してください」等と言っていた私ですが
その1週間後にイベント主催のお話を頂き、つぶやいていた理想が現実になったのは本当に嬉しかったです。
私が誰よりも1番楽しみにしている。(主催あくつえり)

【紙コップス】

名古屋の至宝、紙コップス。
紅白帽にジャージ、頭の紙コップがトレードマーク。
とんちんかんなようでいて最高のポップソング、かと思いきやクスリと笑えちゃう。
予測不能の自由なライブパフォーマンスは一瞬たりとも目が離せません。(頭上のコップでビールも呑めちゃう)
純粋に音が鳴ることを楽しめる、お茶碗をお箸で叩いて喜んでいた子供の頃を思い出します。
最近ごぶさただった「コップのやつ」が見られる、かも?
ん?何だそれ???と気になる方は、是非会場で目撃して頂きたい。(主催あくつえり)

 

【HoSoVoSo】

星野源、細野春臣、高田渡、くるり、などなどに影響を受けながらも、

新たな世代のメロディを奏でる超新星!
T.V.not januaryのメンバーもその才能を絶賛、今夏にはアルバムの発売も予定。
最近ではサカナクション山口一郎氏のラジオでも取り上げられ、一躍話題に。
これからどんどん大きくなっていくであろう彼の今を見ておくべき!

【いとまとあやこ】

狂奏のキーボーディストいとまさんと、ナチュラルボーンシンガーあやこさんの2人組。
全身全霊で歌を体現するボーカルに、絡み合う鍵盤の叙情的なサウンドが最高に気持ちいいです。随所に見られる音遊びや実験的要素にも注目。
昨年末2nd mini album 『雲の城』をリリース、先月末に名古屋でレコ発自主企画を敢行されたばかりです。
冷静と情熱、激情を秘めたお2人。今が1番熱いッ!

 

2016年4月3日(日)はライブイベント開催の為、14時ラストオーダー、14時半クローズとさせていただきます。

おはようございます。 いよいよ、本日、『荒井岳史 × Keishi Tanaka “プリテンダー”と”Hello, New Kicks”のリリースツアー』ライブの開催です! ※準備の為、ランチ営業は14時ラストオーダー、14時半クローズとさせていただきます。何卒ご了承下さい。

Cbdxui_UUAEdNbJ

CbdxuPNUMAAlOqb

荒井岳史 × Keishi Tanaka
“プリテンダー”と”Hello, New Kicks”のリリースツアー

2016年4月3日(日)埼玉県 久喜 cafe couwa

OPEN 18:00 / START 18:30
INFO cafe couwa: 0480-31-9976