月別アーカイブ: 2016年8月

8月31日(水)より通常営業に戻ります。

 

夏休み、ありがとうございました!
31日(水)から通常営業に戻ります。

 

【9月の予定】

■9月のお休み

6日(火)
12日(月)
13日(火)
20日(火)
27日(火)

【イベントのお知らせ】

■9月11日(日)
マーケットイベント【富煦-和市】(ふくうわいち)
11:00~14:30

ライブイベント【いなかまちにおんがくがなりひびく その31】
open 17:30 / start 18:00
ticket ¥2000 +1D別
出演者:
・butaji
+樺山太地 (Gu from Taiko Super Kicks)

・山田真未
+谷口圭祐(Ba from Tiala)

・フジワラサトシ

・折坂悠太

DJ:foliday

 

■9月18日(日)、19日(月・祝)
宮代トウブコフェスティバル
「東武動物公園」すぐ近く「進修館」
10:00〜16:00

 

■9月24日(土)
『オー ブラザー,ツアー 2016」埼玉
出演:斉藤友秋、植野隆司、Gofish(+hosomari)

詳細のちほど!
(出店:スナックまりこ)

何卒、よろしくお願いします!

2016年9月11日(日) 8周年記念イベント開催します!

couwa-omote couwa-ura

丸8年にかこつけて、イベントを企画しました。
単純に好きな人をお招きしてワイワイとやらせて頂きます!
久しぶりに【富煦-和市】と【いなひび】の同時開催となりました。
皆様、是非お誘い合わせていらして下さいませ。

チラシは玉川桜さん!!

tamasaku.info

 

【追加情報】

ライブ中の選曲担当に 『 foliday 』 が参加してくれます!!

 

==================================================

2016年9月11日(日)

cafe couwa 8th Anniversary!!

マーケットイベント【富煦-和市】(ふくうわいち)
11:00~14:30

ちえちひろ (イラスト)
あおむろひろゆき (イラスト)
oyasmur (ブローチ等)
よねやムーヌス (お手紙)
かざまりさ (イラスト)
みやしたゆみ (紙モノ雑貨)
手づくりや (天然酵母パン)
小春あや(イラスト)× 江連判子(手作り判子)
MUKUMUKU x mokumoku (ファンシー雑貨、真鍮アクセサリー)
CTC (conerhythm x cheechiki(ブローチ))
玉川桜 (イラスト)
森英梨子 (刺繍小物)
カフェクウワ(飲み物、焼き菓子、軽食など)

※クウワ店内でのマーケットイベントです。

通常の営業ではないので、お席はございません。

※当日、作家様不在で、作品のみの出店者様もいらっしゃいますので、何卒ご了承下さい。

================================================
ライブイベント【いなかまちにおんがくがなりひびく その31】

出演者:
・butaji
+樺山太地 (Gu from Taiko Super Kicks)

・山田真未
+谷口圭祐(Ba from Tiala)

・フジワラサトシ

・折坂悠太

DJ:foliday

open 17:30 / start 18:00
ticket ¥2000 +1D別

【予約】
info@cafecouwa.com
0480-31-9976

ライブ入場は2000円のチャージ代がかかります。(ドリンク代別)
ご予約は info@cafecouwa.com まで、
件名 【9月11日ライブ予約】 とし人数、名前、ご連絡先を
明記の上、お送り下さい。

cafe couwa / カフェ・クウワ
〒346-0105
埼玉県久喜市菖蒲町新堀483
http://cafecouwa.com/

================================================

 

【 いなひび その31 出演者紹介 】

YS9AoGfp

・butaji
+樺山太地 (Gu from Taiko Super Kicks)

シンガーソングライター藤原幹によるソロユニット。七尾旅人にも認められたその才能は、シティポップ的ベースを持ちながらも、曲ごとに一つの映画を観てるかのような景色を感じさせる、幅広い表現力、表現手法の次世代の宅録系アーティストといえる(もはや宅録系って死語か…)。一人で完結させているという事実からは信じがたいほど、あまりに一曲一曲が高いクオリティを誇っている。作曲の能力もさることながら、本当に彼の魅力は独特の歌声にあり。そして音源と裏腹にライブは熱い。最も影響を受けたのは辛島美登里だと語る、孤高のアウトサイダー。2015年、初となる全国流通アルバム『アウトサイド』をリリース。

 

maxresdefault

・山田真未
+谷口圭祐(Ba from Tiala)

通称「やまみ」。初めてその歌声を聴いた時は本当に衝撃的だった。時に母性で包み込み、時に格闘家の様な鋭いエッジで放射する、中性的で懐の広い歌声が持ち味。千葉県出身のシンガーソングライター。江戸川区在住。
幼少から地元の合唱団で歌をはじめ、民謡、わらべうた、ミュージカル、宗教音楽、ゴスペルなどを歌う。2006年に高校同級生らと3ピースバンドafter the greenroomを結成、作詞作曲.gt.voを担当。バンド活動と並行して弾き語り活動を開始。2016年8月、ファーストアルバム”まばたき”を発売。
歌に関しては幼少期から培ってきた土台が骨太にありつつも、成長した大人の細やかな表現力、エモーショナルな響きに胸打たれる。一度聴いたら確実に心に刺さり痕を残すであろう歌声。

 

avatars-000216346069-s7dc4x-t500x500
折坂悠太

音楽の移り変わり、進化、歴史、時代の音、流れを紐解いて行く事はなんとも愉快で、また不可解な事だ。『はっぴぃえんど』から連なる系譜の子供達で、ロックバンドになったのが、今で言えばNever Young Beachだとすれば、カントリーシンガーソングライターになったのが折坂悠太であろうか。オールドロック、フォーク、USカントリーの香りを醸し出しながら、かと言って、何者にも似ていない音楽。日本人であるアイデンティティを誇りとして胸に抱き続け、それを歌にしている稀有な存在。それはまさしく「はっぴぃえんど」や「はちみつぱい」の志でもあるが、この現代に同じ様に、しかも自然にそんな音を鳴らし、歌を響かせる漢がここに居たのである。まるで彼の佇まいは侍の様な風格さえ漂う。その芯の強さには、我々が忘れかけている日本人らしさの様なものの片鱗を見つけたり。とにかくディスイズ・オリジナルジャパニーズシンガーソングライター!と声を大にして伝えたくなる、日本語の「うた」、日本の人の音楽。この独創性を是非体感して下さい。

 

U31EYXxr

フジワラサトシ
+井上由喜子(Pf)、 戸井安代(Cl)、池上加奈恵(Ba)

誤解を恐れずに言うなら、彼の音楽を聴いた人が最初に思う事は「つかみどころが無い」ということ。
彼は奏でる。時に、厳かに執り行われる祈りの儀式の様に。時に、夕方のチャイムが鳴り、公園からみんな居なくなった後の孤独と寂しさをかみ締めるように。時に、物質としての存在を捨てた、ふわふわと漂う雲のように。
フジワラサトシの音楽は、その瞬間、瞬間、丁寧に紡がれた音が、儚い刹那の時を過ごしているようだ。
永遠に終わりの来ないモラトリアムの中に居続ける、無限に思われる時間の蓄積、その中に折り重なる感覚や思いみたいなものを表現しようとでもしてるのか。

言葉で表せない思いの塊の様なものを天に捧げているのか。
王舟、oonoyuuki、mmmなど実力派のシンガーソングライター達と切磋琢磨し、同じ時代を共に過ごしてきた彼の辿り着こうとしている場所とは、他の誰も届かない、彼にしか見えない場所なのかもしれない。

『子供の頃、夜更かしをして夜中の2時くらいに歯を磨いていたんですよ。その時、窓から向かいの団地に1つだけぽつんと明かりが付いているのが見えたんですね。それを見て、あの人はまだ起きてるんだ、と思ってちょっと安心して寝たんですよ。そういう感じがずっとあって。』(CDjournal)

この言葉が酷く印象に残っている。