Uncategorized
Yoshida Kozue  

日本のパチンコギャンブル事情

日本ではどこでもパチンコやパチスロのスロットを楽しむことができます。 私は、以前深刻なギャンブル依存症で苦しみを味わいましたが、今の日本の状況に関しては、国内でカジノ禁止令の廃止に向けた強い動きがあるにも関わらず、ギャンブルに関する情報が不足しており、政府の措置が遅れていると感じています。

日本の成人の3.6%はギャンブラーである

日本には、パチンコまたはパチスロ(パチンコとスロットマシンに由来する複合語、英語で「スロット」)と呼ばれる独特のギャンブルゲームがあります。これらのゲームができる施設が 全国各地にあり、人々は気軽にギャンブルを楽しむことができます。 さらに、合法的に賭けが認められている競馬、競輪、競艇、オートレースも各地で開催されており、チケットはオンライン、オフラインの両方で購入できます。 また、オンラインギャンブルが登場してからは、いつでもどこでもスマートフォンで簡単にアクセスできるようになりました。

一方で、2016年12月に統合型リゾート推進法(通称「カジノ法」)が制定されて以来、ギャンブル依存症が注目され始めました。 そもそも先進国では、依存症への対策を確立した上で、ギャンブル産業を振興させることが基準となっていますが、日本はギャンブル依存症対策がほとんどない状態で、政府が大半のギャンブル運営企業を承認し、さらに奨励しているという非常に珍しいケースとなっています。

初めて日本を訪れると、全国各地にパチンコ店(スロットカジノ)があるように感じるかもしれません。 実際、パチンコ店は各地にあります。電車で駅に着けば、車窓からネオンが点滅する看板が目に入るでしょうし、テレビをつければ、開店したばかりの新店舗やスロットマシンのコマーシャルが流れています。大手メーカーの中には、店舗を宣伝するために有名な俳優を使っていることもあり、コマーシャルには女優も出演しています。日本のカジノとも言えるスロット業界の巨大さを単純に否定することはできないのです。

パチンコとは?

パチンコは、全国各地の何千ものホールに設置された「パチンコ」と呼ばれる台を使うもので、アメリカのカジノに少し似ています。パチンコ台は、箱の中に縦の長方形型のプレイ領域が設けられた機械で、 プレーヤーがハンドルを引いて離すとマシンから玉が飛び出し、その玉がプレイ領域に林立するピンに当たりながら落ちていきます。玉が特定の穴に入ると、追加の玉がどんどん出てきます。

最新の機械はハンドルを回すことで玉が飛び出すようになっており、ビデオ画面上でさまざまな当たりや大当たりが完全に電子化されています。 まず始めに知っておくべきことは、プレイを開始するにはある程度の玉を借りる必要があることです。 この玉は店舗から「レンタル」するもので、ゲームが終了すると賞品と交換できます。玉はゲームを開始するための手段であるのと同時に、ゲームで獲得できる物でもあります。入店後、カウンターに行ってお金を払うと、ケースに入った約250個の銀色の鋼球が手渡されます。

すべての玉には、特定のパチンコ店に属していることを示すマークや文字が刻印されています。 次に、プレイするパチンコ台を選択し、玉を上皿に入れます。 手動のハンドルあるいはコントローラーを使って、当たり、または大当たりが出ることを期待して玉を投入します。手元に残った玉は、台から引き取ったり、上皿に戻すために玉抜きに入ります。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x